奥手の恋も恋は恋

何度目だのリニューアルです アラフォーですが、中身はまだまだこどもです
そんな女の、不器用な恋を綴ってまいります

12/1 後編 目からウロコで光が見えた

夜、急きょセラピ様とお話をしました 一通りこれまでの話を聞いてくれました


わたしは抑えきれない感情に、涙声になってました


やさしく話を聞いてくれて、まず一言 「完璧なひとって、いません 凸凹です皆」
前にも言ったけどと前置きがあり


「恋は、育むもの Mさんが成長すれば、相手も成長するんですよ」


?!(*´Д`)


「気持ちは、よくわかります、包容力がある人に愛されたい気持ち
でもね、同じレベルの人とでないと、くっつかないもんなんです
包容力がある人は、包容力のある人とくっつくんです」


そうか~ 魂レベルってやつだね


「だから、包容力を求めて他を探しても一生見つかりません
求める側である限り そう見えるかもしれませんが、そんなに単純でないんです」


わたしも、いまはもう次がない気がしています


「わたしは、両想いになったって聞いた時、とても喜んだんだけど
こうなること、わかってました 前にも言ったけどこれからですって
これから大変になるって思ってました」


おお・・・


「まず、彼は無意識では、別れたくないって強く思ってます あなたと同じように見捨てられ不安があるんです もちろん、無意識ですよ 意識してません 意識ではいつでも別れられるようにしようって気持ちでいます だって、離れたくないときに別れたら傷つくじゃないですか 傷つかないうちに、ダメなら別れようって防御してるんですよ」


わたしと同じきもちなの?


「ええ、アプローチは違うけど、彼がしているのは、試し行動ですね
二人とも同じものを求めていて波動が同じなんです」


求めてるものって


「無条件の愛情です 彼も、肯定してほしいんです、とても
だから、大変だと思うんだけど、お母さんみたいなイメージになってほしいんです
それが一番ベストだけど いまは重いから 誕生日とクリスマスは乗り切りましょう(笑)」


わたしは、てっきり一緒にいてもつまらないから、疎遠にしてるのかと・・


「それは今まできついこと言われても気にならなかったのに、話題がない、どんな人かわからないって言われてから気になりだしましたよね それはMさんの一番気にしている言われたら傷つくことなんですよ それをついたのね よくわかるのね、そういうことは
だからもうダメって判断になっただけ」


実際は、違うんですか?


「逆に、好きなものがはっきりしていて個性的な人とは今まで成就しなかったわけだから
本当はあなたの好きなものなんて、どうでもいいんです そのときの言葉のあやです
むしろ、自分の好きなものに共感してほしくて、話題がないというよりも、自分の話をずっと聞いててほしい人ですよ だから個性的な人は逆にあいません」


ほほう


「だから、lineしたほうがいいです 保留は逆効果です 今まで通り何事もなくふるまってください 下手にでるのではなく 愛情をそそいでください
あと、彼の趣味の中で自分でも興味あるものを見つけるといいです」


「それに、彼が歩み寄ってくれていままでどうしてもできなかったこともできるようになりましたよね そういう部分もあるんですよ 思い出して!」


ああ、あのこと


本当に金言のアドバイスでした 感謝感謝 モヤモヤはすっかり消えていた


そのあとすぐ連絡取りましたよ そしたら、なんと今まで封印していた好きなことが
見つかった!! そして、いつも通りの彼でした


この即効性 わたしも不安いっぱいですけど、仕組がわかってだいぶ楽になりましたし、
得るものもあるのかもしれません 本当に成長ができるのかも


というわけで、そんな恋の話でした