奥手の恋も恋は恋

何度目だのリニューアルです アラフォーですが、中身はまだまだこどもです
そんな女の、不器用な恋を綴ってまいります

史上最悪の恋

こんな時間ですが 興奮しているせいか眠れませんでした


記憶抹消したいくらいのタイトル通りの件の顛末
あまりにもドイヒーだったんで やっぱりネタ投下 


まず、昨日の朝罵詈雑言が送られてくる


一番傷ついたのが付き合った当初から別れを考えていたといわれたこと


確かに、ここでも何度か愚痴ってたけど わたしへの態度は冷淡に感じた
でも 違うと思おうとしてた


早くいってよ~って話ですよね 


あと 約束を平気で向こうが破っている 話し合いをしてから結末を考えるはずなのに
もういい加減にしろとキレられる わたしはそ仰せの通りにしようとしていただけ
それなのにわたしの言葉が信用できないみたいなこと言ってきた
いままでにない超~長文で切れてきた


わたしも切れた こんなに思いやりないひとだっとは 誰と付き合っても同じと言った
もう返すと言った


住所と共に 言葉が軽いのが別れの原因と言ってきたんで カチ~ン
トサカにきた


平気で約束破るお前がいうなっと思い 
あんたに言われたくない と捨て台詞


もう 心は決まって郵送の準備をサッと調え 送付


せらぴ様と別れてから またなんやら長文lineが来ていた


謝罪 むしゃくしゃして言い過ぎた 本当は思ってない ごめん お元気で
みたいな内容


わたしはこれに正直一番腹立った


あれだけ侮辱しておきながら 鍵が返るとわかったとたんに
この変わりよう わたしのあの言葉で終わりにしてくれていたら全然良かったのに
結局自分を悪者にしたくないんだ なんて嫌な奴だろう


だから最後っ屁に呪投げてやった あんたは誰と一緒になってもいずれこうなるよ じゃ


それが既読になったとたん アカウント削除しやがった


わたしは滅多にこういうとき嫌な言葉言わないけど 今回ばかりは言わせてもらった
だって ふざけすぎだもの


というわけで 本当最悪でしたよ(笑) もう~


最初から最後まで意味フ満載でお送りしました


少し触れたかもしれないけど 全然愛されてる感がない 幸せになる気しないって
わたしの心はいつも訴え続けていた それは正しかった


でも わたしはそれを無視した


期間も短いし、いい思い出も正直少なくて 不安ばかりを抱えていたので
未練もないし 付き合うにカウントしなくてもいいんじゃないかってくらい


お粗末でした


やっぱり わたしのこと最初からそんな好きじゃなかったみたい


感じることは正しい 今度からちゃんと信用しよう


じゃあ njに最後の言葉


お粗末様でした asshole~~~~~~~~~~