第2章 色々革命

ダイエット、恋活、セラピーを経て新しい章へ

何度目だのリニューアルです アラフォーですが、中身はまだまだこどもです
そんな女の、諸々を綴ってまいります

そしてすこし大人になった

ひさしぶりに せらぴ様に電話しました


来週の勝負事 自分の中で答えはほぼ出ていたけど
迷いもあって 気持ちを整理するために


Hさんへの想いとnjへの未練 相談の冒頭はまだあった


でも話しているうちに だんだん気持ちが整理されていった すごいやっぱ!


わたしは、好きになった人とときめくことをしたかった
モテて遊びたかった


でも 実際自分でやってみようとすると うまくできない
身体の関係がぎこちなくデリケート そんなどんくさい等身大の自分が自分なんだ
妄想と現実は違うんだってこと やっと気づいた


そんな自分を 本当の意味で認められるようになった


わたしは現実でもてなかったせいか よくマンガのキャラやスターにときめいていた


それはあまりよくないことだと思っていた


でも いまなら仙道さん 考えてるだけで現実付き合えなくても十分ときめくし、幸せ
架空のキャラだけどこんなひとになれたらって憧れられる 


ときめきってそういうもんなんだって 


でも 現実ははっきり いろんなところに行って気持ち通じ合うカップル、ゆくゆくは家族を作るぞって


それに相応しいひとは  きっとあの人


そうか、そういうことか! 


だから njへの感謝がとても湧いてきている できなかったコトもできるようになって
いろんなことをわたしに教えてくれた 本当に本当にありがたい


彼がいなかったら 好きなひとと付き合うってこと 永久にわからなかった


だから 全然嫌な気持ちなんかない


あと 自分がホントウになにを求めているかも


せらぴ様は彼にときめくことができなくても ときめく出来事を作ればいいんですと言ってくれた


想像すると 楽しい未来が 色々したいことが沢山出てきてる


幸せな結婚した人の中に、ときめきではなく 安心感を選んだ
思われるほうが幸せだっていう人多い


でも わたしはそれを否定し続けた


いま やっとわかるようになった 大人になったのかな


本当に求めていた 安心感 心のあたたかさ 


自分がときめきでどこまでいけるかを 等身大で測って
見極めることができたからだと思うよ


やっぱり 人生に無駄なことなんてないな 


せらぴ様ありがとうございます 仙道さんも(間接的に)


うし!結果はともかく 勝負するぞ